kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲーム音楽好きに知っておいてほしい著作権法のはなし その1

<<   作成日時 : 2013/06/16 21:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

ピアノによるゲームミュージックコンサートを
主催して1年が経ちました。
一台あれば幅広い音色が出せて、もっとも普及率と
認知度が高いピアノという楽器でゲーム音楽の
素晴らしさを伝える。この人生の目標を実現することが
できた内容だったと今でも自信を持って言えます。
このコンサートを実現するのに大変だったのが
著作権のことだったので満を持してこの思いを
書きとめてゲーム音楽の著作権について知っておいて
欲しいです。


ピアノによるゲームミュージックコンサート
http://www.2083.jp/concert/20120616pianogm.html


このコンサートの企画を思いついたのが2011年の10月で
ここから著作権のことを調べまくって
2011年の年末頃にゲームメーカー各社に
メールを打ちまくり、楽曲使用許諾のやり取りを続ける。
演奏できる曲とできない曲が決まってくるので
演奏者と相談。そんなことを本番当日まで続けつつも
予約者の管理。おかげさまで有料コンサートにも
かかわらず280人ほどのお客様に来ていただきました。

この辺りのやりとりも全部公表したいところですが
個人的にメールなどで
問い合わせていただければお答えいたします。

今日はこのコンサートから1周年という記念日なので
著作権法に話題をしぼりますが。

2013年現在、ゲーム音楽演奏界隈で何が
問題になっているかというと
「アマチュアのゲーム音楽無料コンサートが満席になる。」
というものです。ゲーム音楽なんて見向きもされなかった
一昔にくらべ、着実に認知度が上がってきました。
これも多くのゲーム音楽演奏家たちが地道に
演奏活動を続け、インターネットの力でつながって連携して
多くのコンサートやイベントを開催し、
それに対してゲーム音楽を愛しているお客様が
ちゃんと応えてくれて足を運んでくださったこと。
演奏者にとってはとてもうれしいことです。

なぜ多くのアマチュアゲーム音楽団体は
無料でコンサートをするのか?
有料にすればいいじゃないか。無料でやるから
満席になるんだよ。


という疑問を抱かれる方も多いでしょうが、
無料コンサートは今後も多く開催されるでしょう。

その理由は著作権法38条によります。

(営利を目的としない上演等)
第三十八条
公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、
聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもつてするかを問わず、
著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。
以下この条において同じ。)を受けない場合には、
公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。
ただし、当該上演、演奏、上映又は口述について
実演家又は口述を行う者に対し報酬が支払われる場合は、
この限りでない。


・入場料を取らない
・出演料(ギャラ)が発生しない
 (演奏者の交通費や食事代も含まれる。)
・営利目的(物販など)がない

この3条件を満たせば自由に演奏できる。と
著作権法に書いてあるわけなのです。

そしてもう一つ

(同一性保持権)
第二十条
著作者は、その著作物及びその題号の
同一性を保持する権利を有し、
その意に反してこれらの変更、
切除その他の改変を受けないものとする。


いわゆるアレンジ、編曲のことで
アレンジしてもいいかどうかは著作権を持っている人
またはゲーム会社が決めることができます。

これを分かりやすく説明してくれているのが
すぎやまこういち先生のこちらのページです。

すぎやまこういちの世界
<やさしい著作権のお話>
http://sugimania.com/says1.html

ゲーム音楽演奏会をきっちり筋を通して開催するには
「経済権」と「人格権」(同一性保持)
この2つの条件をクリアしなくてはならないのです。


経済権に関してはゲーム会社に直接払う形式と
JASRAC経由で支払う場合があります。

JASRAC 一般社団法人日本音楽著作権協会
http://www.jasrac.or.jp/



実際に色々手続きしながら調べていくと
演奏会を開催する側にとっても
作曲者の方にとっても
JASRACという組織はとても便利でありがたい
ところです。
一部では金の亡者とかそんな評判も聞きますが、
楽曲使用料をちゃんと作曲家に分配してくるのです。
ゲーム音楽好きは基本的にゲーム音楽作曲家を尊敬している
わけで、作曲家のところに使用料が届くことは
とてもうれしいです。

ゲーム会社が権利を持っている曲は経済権をクリアするため
ゲーム会社に楽曲使用料を払えばいいのですが・・・

ここで問題が発生します。
そもそも有料公演を認めていないメーカーがあります。

ホームページ上で公式発表しているゲームメーカー
http://www.nintendo.co.jp/support/qanda/others.html

http://www.capcom.co.jp/support/faq/full_others_website.html

これは上記にも書いたとおり、著作権者であるメーカーは
著作権法20条により、同一性を保持する権利を
持っているので有料公演を認める認めないは
メーカーが決めることができます。

とあるゲームメーカーと楽曲使用交渉をしていた際、
このような返答を頂いたことがあります。

ゲームを楽しむためのゲームプログラムの一部として
みなしていただきたいので
営利目的でご利用されることはご遠慮下さい。


なるほどなあと思いました。
音楽を単体で切り離してほしくないという
著作権者の考えなのでこれはきっちり守らなくては
いけません。

というわけでゲーム音楽コンサートを
有料公演にして筋を通そうとすると
そもそも演奏自体が不可能になり、
演奏曲にかなりの制限が出てくる。
ということになり、多くのアマチュアゲーム音楽楽団などは
著作権法38条にのっとった無料公演を
行っているというわけなのです。

しかし38条には無料であれば自由に演奏できると書いてあるものの
20条には同一性を保持しなくてはならないとあり、
演奏者側が38条を主張し、
ゲームメーカーがアレンジの可否について20条の
同一性保持を主張すると両者で対立関係ができてしまいます。

私は法律のプロではありませんし、
私自身も演奏者なのでこちらの肩を持ちたいのですが、
「演奏」という行為自体に
すでにアレンジという行為が含まれていると
考えたいと思っています。
人間が演奏する時点ですでに同一性を完璧に保持するのは
不可能であり、演奏を許諾するということは
必ずその楽曲は少し原曲とは異なるものになります。

いろんなゲームメーカー様とやり取りをしましたが、
演奏許諾の契約書のなかに
「編曲、アレンジを含む」と書いてある場合もあり、
20条同一性保持に関しては
それほど深く考えなくてもよいのかなあと
思ったりもします。演奏許諾が下りなければ
アレンジも連動して不可になるのかなあと。


まとめ
ゲーム音楽好きは著作権法20条と38条を
よく知っておいて欲しい。


しかし私が訴えたいのはもう一つ・・・53条!

その2に続く・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
TweetsWind

ピアノソロ 中上級 スーパーマリオ/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅 しのぶ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅しのぶ/任天堂株式会社
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ピアノソロ/マザー1+2
スカイポート出版
作曲:鈴木慶一、田中宏和他 編曲:稲辺克弥
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ/マザー1+2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

クリックでピアノ弾けます♪



昨日の各個別記事の訪問者数合計
   (トップページ含む)

   
  アクセスランキング
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
ゲーム音楽好きに知っておいてほしい著作権法のはなし その1 kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる