kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアノ構造論09 ペダル踏み込み動作のポイント

<<   作成日時 : 2006/03/19 04:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ペダルをいつ踏むかということを考える場合、
「打鍵の前に踏む。」「打鍵と同時に踏む。」「打鍵した後に踏む。」
の3通りが考えられます。
しかし、「打鍵の前に踏む。」「打鍵と同時に踏む。」
この二つは全く同じになるというのを理解できますでしょうか?

時間が左から右へ流れているとします。

・「打鍵の前に踏む」
            鍵盤が下がる→その音だけのダンパーが上がる
   ペダルを踏む→全てのダンパーが上がる

・「打鍵と同時に踏む」

   鍵盤が下がる→その音だけのダンパーが上がる
   ペダルを踏む→全てのダンパーが上がる

どちらの場合も ダンパーが全て上がっている状態で
ハンマーが弦を打つことになるからです。

しかし

・「打鍵した後に踏む」
 鍵盤が下がる→その音だけのダンパーが上がる
               ペダルを踏む→全てのダンパーが上がる

この場合はちょっと状況が変わります。
ハンマーが弦を打ったあとに全てのダンパーが上がるのです。


ということは
「ペダルを踏んでおいてから打鍵する」
    (全てのダンパーを上げてからそのあとにハンマーが打弦)
「打鍵直後にペダルを踏む」
    (ハンマーが打弦してから全てのダンパーが上がる)

ペダル踏み込み動作はこの二つしかないのです。

さて、この二つの違いを
ピアノと知識の演奏より引用させていただきましょう。

・「ペダルを踏んでおいてから打鍵する」

あらかじめペダルを踏んでから打鍵するとアタックの雑音や倍音が
ピアノ全体に共鳴し、響きが刺激的、打楽器的になる。

・「打鍵直後にペダルを踏む」

打鍵の後でペダルを踏むとその時点で残っている音だけが共鳴するので
雑音の少ない透明な響きが得られます。


ちょいと難しい言葉ですね・・・
私の言葉で解説するとキーワードは共鳴です。
例えばドの音を弾く場合。ペダルを踏んで(全てのダンパーを上げて)
ドを弾くとドの弦が振動してドの音が出るわけですが、
ペダルを踏んでいる(全てのダンパーが上がっている)場合は
他の弦も共鳴(振動)して微妙に音色が変わるらしいのです。

逆にドの音を弾いて発音してからペダルを踏むと
ドを発音した時に他の弦は共鳴(振動)しないので
(ドが発音したときに他のすべてのダンパーはダンパーは下りているから)
ドだけの綺麗な音が出る。ということのようです。

違いはありますが、どちらも
ペダル踏み込みの目的は音を伸ばすことです。
そして微妙に音色が変わるというだけですね。

しかし共鳴まで利用する「ペダルを踏んでおいてから打鍵する」のは
かなり上級者向けの気がします。

シャンドールピアノ教本のどこかに
「ペダルは打鍵直後に踏むのがよい」と書いてあったような気がします。


まとめ

・ペダル踏み込みのタイミングは
 「ペダルを踏んでおいてから打鍵する」(共鳴多い)
 「打鍵直後にペダルを踏む」(共鳴少ない) この二つだけ。

・共鳴がよく分からなければ
 ペダルは打鍵直後に踏むのが無難

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
TweetsWind

ピアノソロ 中上級 スーパーマリオ/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅 しのぶ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅しのぶ/任天堂株式会社
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ピアノソロ/マザー1+2
スカイポート出版
作曲:鈴木慶一、田中宏和他 編曲:稲辺克弥
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ/マザー1+2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

クリックでピアノ弾けます♪



昨日の各個別記事の訪問者数合計
   (トップページ含む)

   
  アクセスランキング
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
ピアノ構造論09 ペダル踏み込み動作のポイント kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる