kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアノ構造論10 ペダル離し動作のポイント

<<   作成日時 : 2006/03/19 04:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、ペダルは常時ゆっくり離すことが重要であることを
説明しました。さて、ペダルを「いつ」離すのか。
これが難しいんじゃないでしょうか。
「ペダルは耳で切れ」という教えをよく聞きますよね。
これは正しいと思います。

耳で切れって言われても
いつ切ればいいか分からないとおっしゃるかもしれません。

でもこれは自分の音楽性を磨くチャンスだと思います。
踏み込みを短くしたり、踏みすぎてみたりして、
いろいろ試してみましょう。そして
一番気持ちいい感じのところでゆっくり離せばよいのです。

ペダルをいつ切るかというのは
ピアノの先生はちゃんと教えてくれるのです。

先ほど説明した4つの雑音のうち
「ダンパー雑音」のペダル踏みすぎ雑音は
ピアノ教育界で唯一認知されている雑音です。

といっても先生の言うことを鵜呑みにして
先生の言いなりになってペダルを離したり
踏んだりしていても私はよくないと思います。

結局先生がいないとペダルを操作できないことになるからです。

ペダルをいつ切るかを決めるのは自分の耳であり、
音楽の好み。それだけです。
ペダルを離すタイミングが先生の意見と自分の意見が食い違っても
先生に逆らうくらいの感じでいいんじゃないですか。

なんか音がブツ切れになって気持ち悪いと思えば
踏み込みが短いわけで、長く踏めばのです。
逆に色んな音がゴチャゴチャして気持ち悪いと思えば
少し早めにはなせばよいのです。

そしてこれは完全に十人十色ですし、好きか嫌いかだけなのですから。

ちなみに楽譜のペダル指示はあまりあてになりません。
楽譜を作る人によって変わるという話も聞いたことがありますし、
だいたいペダル指示は載っていない楽譜の方が多いのです。
載っていたとしても私はほぼ無視しています。
というか全然見ません。自分の耳で決定します。

また、防音室のピアノ教室とコンサートホールとでは完全に響きが違うので
当然ペダルの切りかたはアドリブで対処しなければならないのです。

ペダルの支配者はあなたの耳と音楽性なのです。

とにかくいろいろ試してみましょう。
ただし、ペダルは常時ゆっくり離す。これだけは守って下さい!

まとめ

・とにかくペダルはゆっくり離すこと。
 「ダンパー雑音」と「ペダル下部雑音」を防ぐため。

・ペダルをいつ離すかは自分の耳で決める。
 ピアノの先生と自分の感性との違いでペダルを離すタイミングが異なる
 場合もあるが、「自分が気持ちいいか気持ち悪いか」それが
 ペダルを離すタイミングを決定する。そして自分の音楽性を磨きましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
TweetsWind

ピアノソロ 中上級 スーパーマリオ/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅 しのぶ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅しのぶ/任天堂株式会社
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ピアノソロ/マザー1+2
スカイポート出版
作曲:鈴木慶一、田中宏和他 編曲:稲辺克弥
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ/マザー1+2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

クリックでピアノ弾けます♪



昨日の各個別記事の訪問者数合計
   (トップページ含む)

   
  アクセスランキング
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
ピアノ構造論10 ペダル離し動作のポイント kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる