kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS ピレシュ先生のスーパーピアノレッスンまとめ 新シリーズ開始

<<   作成日時 : 2008/12/19 23:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

関西日記を書かなくてはいけないのですが、
テレビ情報が入ってきたので先にこちらを。
先週の土曜日に教育テレビのピレシュ先生の
スーパーピアノレッスンが終了いたしました。
一応全部見ました。ところどころで?マークが
大量発生することもありましたが、
名言をいくつか頂きました。そして来週から新シリーズ
開始です!

スターノート


シャンドールピアノ教本にて
「音楽には比較的重要な音とそうでない音がある」
という言葉があります。これに近い意味でピレシュ先生は
スターノートという言葉をお使いになりました。
要するに重要な音を見抜きなさい。そんな意味だろうと
私は解釈しました。

わたしもこの感覚は昔からあって
勝手に「光る音」と名づけていました。

2時間の映画、1時間のドラマ、なんでもそうですが、
強烈に記憶に残るシーンがあります。でも一瞬です。
あるいは一冊の本のなかでも名言は本当に少ない。
音楽も同様でお客様の脳内に長期記憶として残るのは
ワンフレーズ、ひとつのパッセージのみでしょう。

私は光る音が出てきたら大体アクセントで弾きますけどね。
当然楽譜の指示には従いません。
だって光っているんだからしょうがないでしょ。


他人の意見は尊重するべきだ。
しかし、自分が決心したことまで影響されてはいけない。


これはいい言葉だなあと素直に思いました。
他人の意見を聞くべきかそれとも自分を貫くか。
迷うときがあります。
といっても最終的には自分になるんですが、
「決心」という強い言葉があるので貫くことができます。


沈黙を怖がっている。


この言葉が一番印象的でした。これは
まさに私の状況に当てはまるのです。
沈黙を怖がる、つまり、無音状態が怖いのです。
全音符や二分音符をその長さで待てないのです。
それをカバーするために演奏が走る、
速くなってしまうのです。まさに今年の私の課題。
なぜ私の演奏が走るのかといえば沈黙を怖がっているから。

やはり音楽はつねに音が鳴っていたほうがいいとは
心の奥底で思っているはずなのです。
ファミコン音源は3和音しか使えないので
これらをフル活用して工夫して音楽が構成されているのです。
だから基本的にどこかで音は鳴り響いています。
音は止まっていてもゲームには効果音があります。

常に音を出し続けたいから
休符を埋めるために次の音次の音・・・を
求めて演奏が速くなるのですね。
しかしこれは原曲重視の考え方とは違う・・・
しかるべき速度があるわけで。来年の課題ですね。
とにかくゆっくり弾けば私の場合ちょうどよくなるはずですから。


叩くように弾かない。


これはほとんどのピアノの先生が使いまくる言葉で
非常に誤解を招くので私はあまり好きではありません。

叩くように弾くなといってもピアノは打楽器なんで
叩かないと音が鳴らないのですから。

この言葉の真意は
・鍵盤は叩くが鍵盤の底を叩くな
・鍵盤は叩くが、指を高い位置から叩くなという意味なのです。


要するに辻井伸行さんの奏法
上原ひろみさんの奏法記事で説明したとおり
下部雑音を減らしましょうという意味です。

鍵盤は叩くといっても鍵盤を高い位置から叩くと
上部雑音が出るのでよくありません。


最終回で緊張に関するお言葉を頂きました。


私が皆さんよりも緊張していないと思ったらそれは違います。
よく緊張するし、落ち込むこともあります。
私はステージが嫌いです。

おじぎをする瞬間があります。
これが緊張から緊張がない状態に変わる瞬間です。
聴衆に向いて深呼吸をして後はなるように任せるのです。

しかし万能ではありません。少人数の前だと難しいものです。
大勢の聴衆の前は簡単です。そう思いませんか?
成り行きに任せるのは聴衆に向き合った瞬間です。
どう受け入れてくれるか想像することと関係があります。
私たちが発する何かによって受け入れられるのです。
その何かを出さないと緊張が残ってしまいます。


うーん、なるほど。やはりプロといえども
緊張しない人はいないということですね。
おじぎを緊張しないスイッチにしてしまう
考え方はちょっと真似してみたいなあと
思います。といっても練習が必要でしょうなあ。

ピレシュ先生、ありがとうございました!
めでたしめでたし。と思ったら・・・
なんと明日から
「巨匠、シフの珠玉のスーパーピアノレッスン」が始まるそうで!

12月〜2009年3月 シフと挑むベートーベンの協奏曲
講師:アンドラーシュ・シフ(ピアニスト)
http://www.nhk-book.co.jp/piano/


楽しみです♪


ピアノと関係ないですが、テレビつながりで
明後日12月21日(日曜日)は
年に一度のM−1グランプリです!!
発表会が近いですが、この日はもうテレビの前から離れません!!

オートバックス M-1グランプリ2008
http://www.m-1gp.com/top.htm


ナイツとNON STYLEとオードリーを注目していたのですが、
なんと二組決勝に残っているじゃありませんか。
オードリー、敗者復活で上がって来ないかなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
M-1グランプリ
栃木県出身が出ます。
栃木県民にしかわからないネタをやるとか。
そんなマイナーなネタやったら
グランプリ届かないんじゃないかと心配。

しかし、音楽は奥が深い。
一生、修行ですね。
携(たずさ)われて幸せ。
akira
2008/12/20 00:37
akiraさん、こんにちは!

U字工事のお二人ですね!
面白いですよね。
このまえレッドカーペットで
宇都宮駅前のギョーザの像が
壊されたことに
激怒していたネタで大笑いしました!

27日にはすべらない話もやりますし、
大晦日はガキの使いスペシャルも
見ないと!!
こちらの地方だけかもですが、
なんと今から去年のM−1の再放送が
やるみたいなので見ます!

私もピアノとそして
マリオピアノと出会えて
本当に幸せです。
出会ってなかったら人生がらりと
変わっていたでしょうねえ。
kantaku
2008/12/20 14:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
TweetsWind

ピアノソロ 中上級 スーパーマリオ/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅 しのぶ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅しのぶ/任天堂株式会社
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ピアノソロ/マザー1+2
スカイポート出版
作曲:鈴木慶一、田中宏和他 編曲:稲辺克弥
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ/マザー1+2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

クリックでピアノ弾けます♪



昨日の各個別記事の訪問者数合計
   (トップページ含む)

   
  アクセスランキング
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
ピレシュ先生のスーパーピアノレッスンまとめ 新シリーズ開始 kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる