kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS スーパーピアノレッスンが帰ってきた!+おまけテレビ情報

<<   作成日時 : 2007/04/03 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

4月7日からNHKスーパーピアノレッスンの
再放送が始まるそうです。
「ルイサダ先生のショパンレッスン」
は今でも記憶に残っていますが、
是非もう一度見てみたいですね。

こちらのサイトより引用
http://www.nhk-book.co.jp/piano/



■放送 教育/毎週土曜日・午後2時35分〜3時00分

2007年度は、好評いただいたピアノレッスンを
アンコール放送で2シリーズ、
新作を1シリーズでお届けします。


これは興味深い一文ですね。
4月から7月までがルイサダ先生のショパン。
8月から11月までが 誰かのアンコール放送、

うーん、誰でしょう。過去においては
アントルモン先生、ベロフ先生、ダルベルト先生、トラーゼ先生
などがいらっしゃいましたが・・・

個人的にはルイサダ先生の次にベロフ先生が
印象に残っております。

12月から2008年3月が新シリーズということでしょうね。
リストやラフマニノフなどを
やっていただけると大変うれしいのですが。

ルイサダ先生のお言葉で、すぐに思い出せるのは
「手前に引き寄せるように、引っ掛けるように弾く」
「繰り返しがあったら
 1回目は普通に弾いて2回目は遊ぶのです。」

これは名言です。

引き寄せるように弾くというのは
回転動作の重要性に気づいたきかっけでもあり、

ピアノ脱力論12 打鍵脱力 回転するものは速い。
http://kantakupiano.at.webry.info/200609/article_2.html

ピアノ脱力論34 腱鞘炎予防4 関節は必ず回転動作を描くように動かす。
http://kantakupiano.at.webry.info/200702/article_5.html



2回目は同じ風に弾かないということは
私が演奏するときは必ず実践していることです。

人間は飽きっぽい生き物ですからね。
お客様には何か違う音を届けたいものです。


おまけ情報 情報源yahooテレビより

4月8日 テレビ東京系 「みゅーじん」
22:54〜23:24

「松下奈緒さんの特集」のようです。
実は隠れファンです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ぇぇえ〜ッッッ!!!!!
今見て興奮してます☆☆
はぁ。。すばらしいですね...。。。
今度こそ全部録画せねば・・ですね*

いつもありがとうございます☆三
ちさ
2007/04/04 12:41
>2回目は同じ風に弾かないということは
>私が演奏するときは必ず実践していることです。

これものすごく良いことだと思います!!
コンクールとか出るとわかるんですが、
二回目も同じ表現だと全然聞いてもらえないんですよ〜汗

やっぱり変化がある音楽を求めてるんですかね〜???
どん
2007/04/04 18:43
ちささん、お役に立ててうれしいです。

ルイサダ先生のレッスンは
DVDも出ているようですが、
録画すればすむ話ですからね。
チャンネル間違い時間設定間違いに
お気をつけて是非とも
録画しまくってください!


どんさん、コメントありがとうございます!

私は楽譜どおりでない
変化のあるところしか
お客様の印象に残らないと
思っているので、
必ず楽譜から少しずらす表現をする
ようにしています。

楽譜の指示に逆らっても
なんとも思いません。

といってもコンクールとかになると
楽譜どおりでないと
作曲家の意思を尊重していないなどと
言われたり・・・
それで楽譜どおりに弾くと
もっと曲想を付けてなどと言われたり・・・

どっちやねんって感じですね。
なのでコンクールなどは
あまり好きではないのです・・・

減点法で聴かれるコンクールより、
加点法の発表会が一番楽しいですね。
kantaku
2007/04/05 19:32
おぉ!またまた放送されるのですね♪
すっごく楽しみです^^

つい先日、僕はリスト「愛の夢3番」の
レッスンをが終わったのですが、
なんだか煮えきりません・・・;;


あぁ、ダルベルト先生の回を
もっとしっかり、
しかも録画して見ればよかったなぁと、
すごく後悔しております。

スーパーピアノレッスンの
テキストを見ただけでは、
巧く表現がよみとれないんですよね。

ルイサダ先生のお言葉や、
kantakuさんのご指導をしっかりと反映させて演奏できるようになりたいです!


またまた貴重な情報を
ありがとうございました^^
ぼんじゅ〜る
2007/04/06 19:21
ぼんじゅ〜るさん、こんにちは。
新生活はいかがでしょうか?

過去放送はもちろん
しっかりみていたはずなのですが、
やはりもう一度見ると
再発見があるものですね。

ルイサダ先生の
腕の重みがほとんど乗っていない
軽々しい弾き方に
あらためて感心しました。

私の求める弾き方です。

「愛の夢」を弾かれるとは
素晴らしいですね!
ぜひともレッスン後も弾きこんで
育て上げてください。
kantaku
2007/04/08 04:39
ルイサダ先生のショパンは好評でしたからね。
もう一つのアンコールは何でしょうね〜。

新作は12月からということですが、
北欧系の作曲家とかどうなのでしょうか。
グリーグは没後100年、シベリウスは没後50年なので(^^)
ムシクン
URL
2007/04/11 11:03
ムシクンさん、こんにちは。

アントルモン先生はなんか怖かった
イメージばかりありますが・・・
トラーゼ先生のチャイコフスキー
ピアノ協奏曲第1番も印象に残っていますが、
ベロフ先生の水の戯れが
一番記憶に残っています。

グリーグもシベリウスも
あまり詳しく聴いたことが
ないので、いろんな曲に
出会いたいものです。
kantaku
2007/04/12 13:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
TweetsWind

ピアノソロ 中上級 スーパーマリオ/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅 しのぶ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅しのぶ/任天堂株式会社
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ピアノソロ/マザー1+2
スカイポート出版
作曲:鈴木慶一、田中宏和他 編曲:稲辺克弥
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ/マザー1+2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

クリックでピアノ弾けます♪



昨日の各個別記事の訪問者数合計
   (トップページ含む)

   
  アクセスランキング
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
スーパーピアノレッスンが帰ってきた!+おまけテレビ情報 kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる