kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアノ脱力論28 「修行」なのか「虐待」なのかをきちんと区別すること!

<<   作成日時 : 2007/01/10 22:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 10

雀鬼・桜井章一さんはこうおっしゃいました。
「痛みには心地よい痛みとそうでない痛みがある。」と。
私の言葉で言うならば、痛みを二つに分けた場合、
「修行としての痛み」と「虐待としての痛み」
の二種類があるというわけです。
さて、「弾きすぎて指や腕が痛い」
のはどちらに分類されるのでしょうか?

「弾きすぎて指や腕が痛い」というのは
100%「虐待としての痛み」です。
幼児虐待や戦争と同じで、絶対にあっては
ならない完全悪なのです。

ところがこの「虐待としての痛み」を
「修行としての痛み」と
勘違いしてしまうと大変なことが起こるのです。

山本美芽さんの「21世紀へのチェルニー」という本に
「チェルニーを弾きすぎてペンや箸が持てなくなった」という
悲惨な話が載っています。
江口寿子さんの「はじめまして ピアノ」という本に
「この世からピアノレッスンがなくしてください」と
七夕の短冊に書いた少女がいる
という悲しい話が載っています。

これらは極端な例ですが、
「虐待としての痛み」を耐え続けた結果、
このような悲しい出来事が起こってしまうのです。

日本人は我慢すること、耐え忍ぶことを
美徳とする民族なのだそうです。
我慢していいのは「修行としての痛み」だけです。
「虐待としての痛み」は我慢してはいけないのです。

ピアノを弾くということは
楽しいこともありますが、当然ストレスも山ほどあります。

ストレスを感じた時、
このストレスは「修行」なのか「虐待」なのかを
区別して、分別して頂きたいと思います。
ストレスとちゃんと向き合って欲しいのです。

「修行としてのストレス」ならば喜んで耐え忍んで
その先にある宝物を手に入れるべきです。

「虐待としてのストレス」ならば我慢することなく、
取り除く方向に進むべきです。
虐待を耐えてもその先に宝物はありませんから。
虐待を耐えても先には「腱鞘炎」もしくは「ピアノ嫌い」
という最悪な結果が待っているのです。

そもそも「痛み」や「ストレス」というのは
人体が発する警告信号なのです。

道路にある黄色信号、赤信号と同じなのです。
それを無視すれば信号無視になるわけで、交通事故が
起こるのは当然のことです。

「ピアノで腱鞘炎の人がたくさんいる」という事実を知って
「ピアノ弾きが腱鞘炎になるのは当然のことだ」などと
思い込んでしまうのは
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」的な
危険な発想です。

「痛み」や「ストレス」という
黄色信号、赤信号を無視せずに
黄色信号の段階で立ち止まって、
ちゃんと痛みと向き合って
そして、青信号に戻す方向に進んで頂きたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東大卒超一流プロが教える麻雀必勝法
超一流プロ井出洋介が教える麻雀の本当のやり方についての紹介ブログです。麻雀に勝ちたい方はぜひどうぞ。 ...続きを見る
麻雀 入門 超一流プロ井出洋介が教える麻...
2007/10/07 21:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして こんにちは
昨年から ここで 音楽関係のブログはじめてます。 まさか ピアノ関連で桜井章一の文字が出てくるとは 驚きですw

ゼルダのオープニング曲とかも好きです

kantakuさんも 時間のある時にでも
こちらに 遊びに来てください
そして お互いのブログで お話できたら
そぅ 思っています。

それでは 失礼します。
4〜な
2007/01/11 14:14
ホント最近ピアノのしすぎで手が痛い!!
スーマリワールドのゴーストハウスできますか?今それをやってて腱鞘炎らしきものになってます
マリオ好き
2007/01/11 21:04
4〜なさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
桜井章一さん、私大好きなのです。著書は全て持っております。
麻雀もなんちゃって雀鬼流で打っているのですが、弱いです・・・
「心温かきは万能なり」という言葉も好きですが、
「悪いことばかり考えているヤツを頭の悪いやつというんだよ」
という言葉が最高ですね。

ブログ読ませて頂きました!
私はピアノのことしか書く気が起こらないのですが、
4〜なさんのジャンルは幅広いのですねえ。
youtubeは私もよく見るのでこれからも
4〜なさんのブログも参考にさせて頂きます!
kantaku
2007/01/12 12:46
マリオ好きさん!今すぐ練習をやめて下さい!
続けると指か腕を傷めますので。
ピアノを弾くときに痛みは絶対に
あってはいけません!
それは「指虐待」ですから。

ゴーストハウスは確かに弾きたい
気持ちもありますが、
指に負担がかかりそうなので、
練習していません。

危ない曲は避ける必要もあるかと思います。

次は「筋肉痛と腱鞘炎は全然違う」という
記事を書く
予定なのです。筋肉痛はすぐに治るのですが、
腱鞘炎は治るのに大変時間がかかるのです。
筋肉と腱とは仕組みが別物なのですよ。

続く。
kantaku
2007/01/12 12:47
この脱力論の続きですが、

1・関節をねじって使うと痛みという
  警告を発するので
  関節をまっすぐ使うこと。
  まっすぐ使うと痛みがなくなるのです。
  まっすぐに使うために
  手首、ひじ、肩が常に動きます。

2・そして腕全体の関節
  (指、手首、ひじ、肩)
  を絶対に固定しないこと。
  常時自由で、かつ同時に動かすこと。

3・鍵盤の底に激突しないこと。
 (衝撃で関節を痛めます。
  バンジージャンプが地面の
  直前で止まるように指が鍵盤の底の直前で
  止まるほうがいいです。)

4・鍵盤の底に届いたあとに
  鍵盤を押さえつけないこと。
 (ピアノ構造上押さえつけても
  完全にムダなのです。)

この辺を今考え中です。

とりあえず急いで続きを書きますので、
それまでは他の安全な曲を練習されては?

何も考えずに練習曲を弾くよりも
腕の仕組みを理解することがピアノ上達の
コツだと私は考えています。
kantaku
2007/01/12 12:48
ありがとうございまーす^0^
マリオ好き
2007/01/13 19:00
会長が、すばらしい事をおっしゃっていた様で…(●´∀`)つ
先月はお疲れ様でした。
あの、カンパネラが頭から離れません。
譜面みて、とても弾けそうにないですよ…。
自分もブログの方を作成致しましたので、お時間ある時に、お待ちしています。
また、ムシ君さんのコンサートでマリオも聴かせてください♪
やす
URL
2007/01/13 23:49
やすさん、お久しぶりです!
先日はお世話になりました。

なんと、やすさんも雀鬼流ですか!?
次回お会いしたときに是非とも
お話しましょう!
会長の名言としては
「安定を求めるより不安定に強くなれ」
みたいなことをおっしゃってました。

お褒めの言葉ありがとうございます!
フジコ・ヘミングさんのような繊細さはまるで
ありませんでしたが、自分の好きなように、
気の向くまま弾かさせて頂きました。

ブログ開設されたのですね。
楽しいですよ。ちょこちょこ
見に行きます。
kantaku
2007/01/14 17:29
そうですね 
自分の麻雀は そめるノガ好きなので(笑
初めの方のウチ筋は 雀鬼流に近い時もありますが・・・・
なかなか 自分の甘さゆえ 実践できていません♪w

自分の心を捉えた和音とかは どうしても その捉えた理由を調べたくなってしまって そのうちにジャンルが広がってしまった。
そんな 感じです。。
でも クラシック曲 ピアノ曲が好きなので 今後も 寄らせてもらいます♪
4〜な
2007/01/15 11:49
雀鬼流は厳しいですからねえ・・・
分かります。その気持ち。

私は「字牌第一打禁止」と
「ドラは聴牌まで切らない」
は守るようにしています。
しかし「打牌は2秒以内」が
なかなか守れません・・・
ついうっかり引っ掛けリーチを
かけてしまいます・・・

ピアノも麻雀も修行が必要ですね。
kantaku
2007/01/17 03:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
TweetsWind

ピアノソロ 中上級 スーパーマリオ/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅 しのぶ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅しのぶ/任天堂株式会社
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ピアノソロ/マザー1+2
スカイポート出版
作曲:鈴木慶一、田中宏和他 編曲:稲辺克弥
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ/マザー1+2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

クリックでピアノ弾けます♪



昨日の各個別記事の訪問者数合計
   (トップページ含む)

   
  アクセスランキング
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
ピアノ脱力論28 「修行」なのか「虐待」なのかをきちんと区別すること! kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる