kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアノ脱力論22 打鍵脱力 固定ではない。腕が止まって見えているだけ。

<<   作成日時 : 2006/10/17 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ピアノ教育界においては腕を大げさに振り回したり
することは良くないとされています。実際プロの
演奏を見ると身体の揺れや、腕の動きは実に少なく、
指先だけで打鍵しているように見えます。
しかしピアニストは指先だけ使っているわけではなく、
腕全体が関わっているのは当然なのですが、なぜ
見えないのでしょうか?井桁崩し奏法では
腕は止まって見えるという不思議なことが起こるのです。

ピアノ脱力論04 手首や肘を固定しないでほしい。

ピアノ脱力論05 ピアニストは指先だけで打鍵しているなんて大嘘

これらの記事で述べたとおりなのですが、

ピアニストが
指だけ使っているわけがないのは分かりきったことなのです。
でも、何でプロの腕の動きが何で止まって見えるのか?
指先だけが動いているように見えるのか?
この謎が解けませんでした。
これが解けないと上記の記事は全く説得力がありません。

しかし!
甲野善紀著「武術の新・人間学」という本に
その答えがありました。


例えば肘の関節なんか見たって、
どんな名人といえどもヒンジ運動はしているわけです。
関節の構造上それだけは避けられない。
でもその避けられないヒンジ運動の動きをうまく組み合わせて、
その結果としてヒンジ運動になっていないようにする

ということに工夫のしどころがあるなということが分かってきたのです。
つまり、結果としてあいてがヒンジとして
感じないような状態を作るということです。


*ヒンジ運動というのは「ちょうつがい運動」のことです
 要するに回転動作のことです。

この文章を読んで、私は大変感動したのです。
「これがピアニストの腕の動きだ!」と確信しました。
そして腕が止まって見える謎が解けた瞬間でした。


回転動作が組み合わさると
回転しているように見えなくなるのです。
つまり腕が止まって見えるのです。


井桁崩し奏法では
回転動作が同時に、一斉に起こります。


 1、構えの状態

  上
  腕
       
     前腕  手首  手  
  肘



 2、打鍵(と保持と離鍵も同時に発生)

 ↓肩

 ↓上
 ↓腕
          ↑↑
     ←前腕  手首  ↓  
 ←肘           手


身体の各部は矢印の方向に動きますが、
実際には動いているように見えません。
回転動作が同時に動いて、組み合わさると
動きが見えなくなるのです。
上の図で最も動いているように見えるのは
指先の下方向への動きです。

一番やってはいけないことは
プロの演奏の腕の動きや身体の動きが
少ないからといって、関節や動きを固定してしまうことです。
プロの演奏は外見は関節や動きを固定しているように
見えているだけで、内部では動いているのです。

甲野善紀監修「古武術で蘇えるカラダ」にはこんな言葉があります。

 人間の体はブラックボックスです。
外からは何が起きているのかつかみにくい。


いい言葉ですね。つまり
視覚は役に立たないのです!!
スローモーションで見ても無駄です。
見えないのですから。

腕が止まって見えて、
指先だけが動いているように見えるので
指先を鍛えるという教育が広まってしまったのではないかと
私は考えています。指を鍛える教育は私は大反対です。

プロの演奏を真似して
肘や手首を固定したりすることは
絶対にしてはいけないことなのです。

内部では動いているが、外見は止まって見える状態が
最も素晴らしい状態なのです。
これを可能にするのが井桁崩し奏法です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
kantaku さん、こんにちは!
いやはや、kantaku さん、凄い研究熱心ですね!
オイラには、少し難しすぎてチンプンカンプンな
感じなんですが^^;、確かに速い曲を弾くときは
指先だけが動いている感じですねー。手の重みを
指先に乗せて打鍵してる? 指で支えているだけ?
力は必要な所以外は抜いて? こんな感じかな。

オイラは、いつも感覚だけで弾いていたので、
kantakuさんを見習って、少しは理論的に
考えてみようかなー。。。うーん、やっぱり
オイラには無理そうだ(x_x;。。
もりぴー
2006/10/17 17:50
もりぴーさん、脱力論読んで頂いてありがとうございます。
やはり、難しいですかねえ・・・
でも脱力に関してはどうしても
訴えたいので、脱力研究はどんどん続ける予定です。

この記事で一番訴えたいことは
腕を上向きに動かすと
指先が勝手に落ちること。
上向きといってもその動きは見えない。
ということですね。

サッカーのオシム監督が「考えて走れ」と
おっしゃっていますが、
私は「考えて練習する」ことを常に
意識しております。
kantaku
2006/10/18 09:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
TweetsWind

ピアノソロ 中上級 スーパーマリオ/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅 しのぶ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅しのぶ/任天堂株式会社
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ピアノソロ/マザー1+2
スカイポート出版
作曲:鈴木慶一、田中宏和他 編曲:稲辺克弥
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ/マザー1+2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

クリックでピアノ弾けます♪



昨日の各個別記事の訪問者数合計
   (トップページ含む)

   
  アクセスランキング
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
ピアノ脱力論22 打鍵脱力 固定ではない。腕が止まって見えているだけ。 kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる