kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアノ脱力論13 打鍵脱力 なんで回転するものは速いのだろうか?

<<   作成日時 : 2006/09/08 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

回転動作が速いということはテニスの経験から
理解することができましたが、私としては
もう一歩踏み込みたかったのです。
「なぜ回転するものは速く動くのか?」という疑問です。
これを解決すればますます柔らかな関節で
弾くことへの説得力が増すのですから。

「不安定だから強い 武術家・甲野善紀の世界」田中聡 著
という本にこのような一文があります。


人間は普通、関節を支点にして、「テコの原理」で身体を動かす。


そうか、回転動作というのはてこの原理なのだと。

回転物の真ん中が支点でその両側に力点と作用点があるのだ。

それじゃあ「てこの原理」を究明・・・

するのはちょとやめときます・・・

てこの原理など小学生でも知っていることですし、
実生活でも「てこの原理」は利用しますから。
その原理を追求しなくてもそのパワーは折り紙付きです。

「とりあえず回転運動はてこの原理なので速い。」
という結論で納得することにしました。

さて、手首はじめ全ての関節を固定しないのが
私の持論ですが、

関節を固定するということはどういうことか?
回転動作を捨てるということです。
ということは「てこの原理」を捨てるということです。

はっきりいってもったいないです。

重い荷物を持ち上げるときは「てこの原理」を
使えばいいわけです。使わないで
重い荷物を持ち上げようとするから腰痛になるのです。

ピアノを弾くときはてこの原理である回転動作を使えばいいのですよ。
関節を固定して
回転動作を捨ててしまうから腱鞘炎になってしまうのです。

補足説明

武術家・甲野善紀(こうのよしのり)さんは
私の最も注目している方です。
この方と出会わなければ脱力の謎を解き明かすことが
できなかったかもしれません。

甲野師範の素晴らしい術理は後ほど・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
TweetsWind

ピアノソロ 中上級 スーパーマリオ/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅 しのぶ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅しのぶ/任天堂株式会社
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ピアノソロ/マザー1+2
スカイポート出版
作曲:鈴木慶一、田中宏和他 編曲:稲辺克弥
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ/マザー1+2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

クリックでピアノ弾けます♪



昨日の各個別記事の訪問者数合計
   (トップページ含む)

   
  アクセスランキング
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
ピアノ脱力論13 打鍵脱力 なんで回転するものは速いのだろうか? kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる