kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアノ構造論06 保持のポイント 鍵盤の底を圧してはいけない。

<<   作成日時 : 2006/03/19 04:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

保持動作とは鍵盤を一番下の部分で止めて、ダンパーが
上がっている状態を維持して、音を伸ばすことです。
「ハンマーは弦に当たってすぐに弦から跳ね返って離れる。」
この事実はグランドピアノのフタを開けて内部を見てもらえば
誰でも分かります。そしてこのことから当然
鍵盤の底を押し続けるのは無駄であることが導かれるのは
普通のことなのですが、どうやらそうではないようです。

2 保持動作(音の維持)
               ダンパー(離れる)
               ↑↑↑
     弦----------------------------------------弦(振動中)
           ↓↓↓
     /-----ハンマー(当たってすぐ下がる)
    /
 ↓↓/    
 鍵盤


ハンマーは弦に当たってすぐに下がり、打鍵は一瞬で終了するのです。
鍵盤が下に到達したら、音が鳴ったら
もう保持と離鍵をどうするか考えなければならないのです。

どうやら鍵盤の底までしっかり弾くように指導する先生がいるそうです。
また、鍵盤の底を基点に置くとかそのような文章をピアノ教本の中で
あちらこちらで見かけますが、その根拠は
「鍵盤の底まで到達しないと音が出ないもしくは不十分になるから」
多分この一点だけと思います。

なんですが、問題はそのあとです。
しっかり弾くという言葉に惑わされて鍵盤の底を
押し続けてしまうのは非常に問題です。
鍵盤の底にスピードが乗るのは一瞬だけであるべきです。
鍵盤の底を感じたら手の動きはこの二択しかありません。

・力を抜いて指をそのまま置いておく。(ダンパーを上げておく操作を指で行う)
                  (主にピアニッシモ、レガートなどを弾く時)
・さっさと飛び跳ねる。
  (保持も離鍵も一瞬にして、ダンパーを上げておく操作をペダルで行う)
  (主にフォルテシモ、アクセントなどを弾く場合)

鍵盤を力を込めて押さえ続けるという選択肢はありません!
それは無駄であり、タブーです。何度も言いますが、その理由は
「ハンマーは弦に当たってすぐに弦から跳ね返って離れる。」
からです。

なので私は「鍵盤の底までしっかり弾きなさい」という
言葉は誤解を招くのであまり使って欲しくないと願っています。
半分正しいですが半分は間違いなのです。つまり
打鍵動作の時に鍵盤を底まで押し切る。これは良いことです。
通常状態の鍵盤の位置から鍵盤の底まで、その幅(約一センチ)を
最大限生かしなさいという意味ですから。

しかし保持動作に関してはしっかり押さえていることは有害なのです。
保持動作は軽く指を置いておく(ダンパーを上げておく)だけでいいんですから。

しっかり押さえることはエネルギーの無駄であり、時間の無駄です。
さらにしっかり重みをかけて押さえがちになるので雑音も増します。

力を抜いて指をそのまま置いておく場合をパソコンのキーボードに例えてみたいと思います。
鍵盤の底を圧するというのはパソコンのキーボードで「A」のキーを押して、
「A」が画面に表示されているのにも関わらず
押し続けているようなものです。そんなことを
したらキーボードが痛みます。(当然ピアノの場合も同じく痛むでしょう。)
そして腕の力の無駄遣いです。
表示されればすぐに指を離せばいいのですよ。

もう一つ
野球のベースに例えてみましょう。
野球のベースというのは軽く踏んでおけばそれでセーフになります。
ベースをスパイクの跡がつくくらい踏み潰し続けている人はいますか?
ベースを軽く踏んでおくように音を伸ばしたいなら鍵盤の底に軽く
触れておく程度にするべきです。


まとめ

・ハンマーは弦に当たってすぐに弦から跳ね返って離れる。
 なので鍵盤の底を圧してもいいことは一つも無い。
 保持動作はダンパーを操作するだけ。だから指を軽く置いておくこと。

・保持動作に関しては
 「鍵盤の底までしっかり弾きなさい」というのは間違い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
TweetsWind

ピアノソロ 中上級 スーパーマリオ/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅 しのぶ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅しのぶ/任天堂株式会社
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ピアノソロ/マザー1+2
スカイポート出版
作曲:鈴木慶一、田中宏和他 編曲:稲辺克弥
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ/マザー1+2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

クリックでピアノ弾けます♪



昨日の各個別記事の訪問者数合計
   (トップページ含む)

   
  アクセスランキング
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
ピアノ構造論06 保持のポイント 鍵盤の底を圧してはいけない。 kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる