kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS ブーニン先生のスーパーピアノレッスン

<<   作成日時 : 2005/09/11 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

我が国日本の命運を分けるこの良き日の題名の無い音楽会は
ブーニン先生がショパンコンクールを目指す子供たちに
レッスンするという内容でした。

中村里香さん10歳。

ブーニン先生に
「素敵なピアニストになるためには
 ピアノ以外にどんなことをやったらいいでしょうか?」との質問。

あなたはなんと素晴らしい質問をされるのですか!
25歳の私は大変感動しました。
あなたはきっと素晴らしいピアニストになります!

ブーニン先生はいろんな芸術に熱中しなさいとお答えになりました。
全ての芸術は音楽とつながっていると。なるほど・・・

私なら・・・「美しい言葉を使って下さい。」と答えますかねえ。
ピアノも言葉も同じ音ですから。
美しい言葉は心を美しく、そしてピアノも美しくしてくれます。

北村朋幹さん14歳。

「フォルテを怖がらないで」とのご指導。
「音を届けるのです。」なるほど、これはいい言葉ですねえ。

私は好きな音はフォルテかアクセントで弾くようにしています。
楽譜に逆らうことになっても・・・多分フォルテで弾くでしょうね。
届けたい音は自然とフォルテで弾きたくなるのが本能のような気がするのです。
私は本能に従います。

「右手と左手は会話をしている。」
「右手が左手に話しかけるように弾いてごらん。」

私はピアノを習っていた小学校時代、
「右手は主旋律だから強く、左手は弱く」と習いました。
でもこれにはずっと納得できなかったのです。
「主旋律は目立つんだからむしろ左手の方を強く弾きたい」とずっと思っていました。

いまでは左手の方を強く弾く傾向があります。
要するに左手が好きなんです。
好きな音はフォルテ、これが自然であり本能であり、kantaku流。

最後はブーニン先生のショパンバラード4番!
素晴らしい以外に言葉がなかったですねえ。

この曲は高校時代の同級生が弾いていました。
高校の音楽室が記憶に蘇りました。

高校時代はピアノ弾きがたくさんいました。
「英雄ポロネーズ」や「幻想即興曲」や
「スクリャービンエチュード」や「革命」や「ショパンバラード、ピアノソナタ」
音楽室のピアノはかなり忙しく働いていました。
そして私は「ラ・カンパネラ」と「超絶技巧練習曲1番」を奏でていました。

普通科高校ですよ。

まさに切磋琢磨といった感じでお互いをほめあっていたいい関係でした。

そして今はブログの皆様と切磋琢磨させて頂いております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
セブン・ブロードウッド
今日のCDに紹介した「セブン・ブロードウッド」。国立音楽大学資料館が所蔵している、1791年から1900年までに作られた、7台のブロードウッド・ピアノの演奏CDです。 生で聴いたフォルテピアノの響きほど、実感を伴って聴くことはできませんが、時代を追っての演奏です。録音... ...続きを見る
想い出の樹
2005/09/12 04:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ピアノの練習がんばってる人のブログ読むと無性にぴあのひきたくなりません!?
ぼくはそうです
こういうのも切磋琢磨かなぁ。
陽一
2005/09/12 15:12
陽一さんの愛の夢記事とか他ブログの皆様の難曲奮闘紀などを
見ると私もがんばらないとなあと思いますね。
競争心ではなく純粋な練習への欲求が沸いてきます。

ブログの力はやっぱりすごい!
kantaku
2005/09/13 23:15
音を届けるフォルテとはいい表現ですね!!
フォルテって単純に日本語訳すると「強く」なんですが
その深い意味をわかって弾くことが大切なのかなと思います。

この日は夜勤明けだったのですが、朝の食事介助終了頃
ブーニン先生のショパンのバラード第4番がテレビから聞こえ
仕事の手を止めちょっと見てしまいました(^^)
元気でましたよ、ホント♪

kantakuさんの高校時代の話、とても羨ましいです。
僕は高校時代は一人もくもくと打ち込んでいたので
そういう話は素敵だなあと思ってしまいます。

自分がピアノを本当に好きなんだと自覚し始めた時期だったので
その頃に本当に好きな友人と出会えたら、今の自分も
また違ったのかなあとかも思います。

でも今こうしてブログを通じて様々なピアノ好きの方と交流できるのは
本当に楽しく、そして素晴らしいことだなあと思っています。
ムシクン
2005/09/15 09:31
ブーニン先生のお姿を見るのは初めてだったんですが、
よかったです。ピアノ弾きなら釘付けになって当然ですよ。

私も社会人になってからは一人ぼっちで
黙々と弾いていたんですが、ようやく高校時代のように
ブログを通じて仲間が増えて、ピアノを続けてきて本当に良かったと
実感しております。
kantaku
2005/09/16 07:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
TweetsWind

ピアノソロ 中上級 スーパーマリオ/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅 しのぶ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅しのぶ/任天堂株式会社
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ピアノソロ/マザー1+2
スカイポート出版
作曲:鈴木慶一、田中宏和他 編曲:稲辺克弥
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ/マザー1+2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

クリックでピアノ弾けます♪



昨日の各個別記事の訪問者数合計
   (トップページ含む)

   
  アクセスランキング
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
ブーニン先生のスーパーピアノレッスン kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる