kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS 必見!DVD「アート・オブ・ピアノ」

<<   作成日時 : 2005/08/21 12:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

ピアノが上手になる超簡単ヒント集
こちらのサイトで「アート・オブ・ピアノ」というDVDがあるということを
知りました。世界的なピアニストを映像で記録したものらしいです。
多分、お店には置いてないだろうなあと
いつもお世話になっているヤフーショッピングで注文。

とりあえず、登場するピアニストを紹介します。
DVDのケースの裏面より抜粋

パデレフスキ、ホフマン、ラフマニノフ(音源CD)、モイセイヴィチ、
ホロヴィッツ、シフラ、ヘス、ルーヴィンシュタイン、プランテ、
コルトー、バックハウス、E.フィッシャー、ギレリス、リヒテル、
ミケランジェリ、グルード、アラウ、A.フィッシャー

動くホロヴィッツ先生が見れる!それが一番の購入動機ですかねえ。
しかもラフマニノフ先生までいるとは!でもこれは残念ながら
演奏シーンはなかったです。でも動くラフマニノフ先生を少しだけ見れました。
ありがたいことです。

印象に残ったところをいろいろ。


・オープニング

DVDをプレステ2に入れて、いきなり聴こえてきたのが
なんとマイレパートリーの超絶技巧練習曲1番!こりゃ期待できると胸膨らみます。


・ホフマンさんのラフマニノフ

ホフマン先生はラフマニノフ前奏曲op3-2を弾いてくれました!
いいですねえ。やっぱりこの曲有名なんだと実感しました。
そしてその後にラフマニノフ先生が登場!
演奏シーンはなかったですが、ご本人演奏の協奏曲3番がBGMで流れました。


・ホロヴィッツ先生とシフラ先生

この二人の演奏を見て、目がまんまるになりました。
私はピアニストの演奏を見るときは指先はあまり見ないようにしてきました。
指先はエネルギーの出力先であり、その源は腕であり上半身全体で
あると思っているからです。なので腕とか背中、あとは首の動きと表情
そのようなところを重点的に見てきました。

 今までは。

この二人の演奏、指先を見てしまいました。
見ずにはいられなかったのです。完全に釘付けになりました。
気がついたら私の体はテレビに寄っていました。

悪魔的と評されるその理由、納得です。
これは早送りではないのか!?と疑うほど速い速い!


・その他

ルーヴィンシュタインさんの「英雄ポロネーズ」上手いです。
ギレリスさんはラフマニノフ前奏曲op23-5を弾かれていました。

このDVDは結構ラフマニノフ先生作品があるので
ラフマニノフ好きの方はかなり満足されると思います。


・解説書

解説書、素晴らしいです。曲名がばっちり書いてあります。
これで弾きたい曲があっても大丈夫ですね。

シフラ先生が高速で弾いていた曲
リストの「半音階的ギャロプ」という曲だそうです。初めて聴きました。
といっても楽譜屋で立ち読みして何も言えずに本棚に戻してしまいそうな曲ですねえ。


・関連商品

他には
「アート・オブ・ヴァイオリン」
「アート・オブ・シンギング」(歌手)
「アート・オブ・コンタクティング」(指揮者)
というDVDもあるそうです。

CD3枚組み版「アート・オブ・ピアノ」もあるらしいです。
これも聴きたいですなあ。


・まとめ

最後に一言、ピアノ弾きなら見る価値絶対あり!オススメです!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「アート・オブ・ピアノ」は、ほんとに見てて口があんぐりというか、もうこのDVDの存在が人類の歴史的遺産と思えてしまうようなものですね。私はあまりのレベルの違いに、たまに目の保養として楽しませてもらってます(^^)

私の一番のお気に入りはリヒテルですねー。あの体格から繰り出される強靭でドラマチックな音色… やっぱりロシアには独特の暗さというかメランコリックな部分を感じます。
tolkine
2005/08/23 02:44
「アート・オブ・ピアノ」
ぜひ見てみたいですね〜!!
お店には置いてないのか、今度聞いてみようかな。

耳で聴くのと、また映像で見るのでは
随分と印象も変わりますよね。

ピアニストの映像は、見ていて興奮してきますからね。
ここにあるピアニストの映像はどれも必見の類ですよね。

僕は違うDVDで、奇人(?)
グレン・グールドの映像なら見たことあります。
(「オン・ザ・レコード・オフ・ザ・レコード」というDVDです。)

彼はバッハ弾いてませんでした??
歌いながらピアノを弾くんですよね。
ムシクン
2005/08/23 11:52
tolkineさん、こんばんは!tolkineさんもお持ちだったとは!
マイラ・ヘスさんが女性だったとは知りませんでしたよ。

アートオブコンダクティングも少し気になっているんですよ。
指揮者の方の動きを見るのが好きなんです。
指揮者の全身の動きとピアニストの全身の動き、
似ているような気がしてならないのです。

ムシクンさん、こんばんは!
いいですよー、このDVD。ムシクンさんが驚く様子が目に浮かびます。

DVDといえばやっぱり映画が大半ですからねえ。
置いてあるお店というのはなかなか無いと思います。
ネット注文かお店の方に取り寄せてもらうのが一番かもしれません。

グルードさんは
バッハ:パルティータ第2番ハ短調
    クラヴィーア協奏曲第1番ニ短調という曲を弾いておられました。
初めて聴きました。
kantaku
2005/08/23 21:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
TweetsWind

ピアノソロ 中上級 スーパーマリオ/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅 しのぶ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト
ヤマハミュージックメディア
天宅しのぶ/任天堂株式会社
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ 中上級 ゼルダの伝説/スーパーベスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ピアノソロ/マザー1+2
スカイポート出版
作曲:鈴木慶一、田中宏和他 編曲:稲辺克弥
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノソロ/マザー1+2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

クリックでピアノ弾けます♪



昨日の各個別記事の訪問者数合計
   (トップページ含む)

   
  アクセスランキング
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
必見!DVD「アート・オブ・ピアノ」 kantakuのピアノ日記♪マリオピアニストへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる